カカフカカ

カフカカって漫画がいまアツい。

独特の空気感がジワジワくる。初めて読んだの結構前だけどいつの間にかハマっちゃった。設定がヘンテコなんだけどちゃんと少女漫画してる。


文章で表現したい!って思った時のテンションのままここにかければいいんだけど取り掛かって言葉を組み立ててるうちに熱がどっかいく。

カフカカのこと考えてたら別のかき残したかったことどーでもよくなっちゃった。

絵描いててもすぐ飽きるし、これじゃない感が出てきてもう書きたくないなってなる。かいてるうちにのってきて集中できたときはすごい気持ちいい。


表現欲がね、あるようでないんだよ。

めんどくさくて。生命力がない。

力貰えるような音楽も最近ない。お笑いも。服もストップ高っていうの?自分のキャパシティ内では味わい尽くした感じ。そーゆー概念の言葉。。。なんだっけ。。。


ナカコーさんの作る音楽が生きてて1番胸にきた。アジカン超え。暫定ぶっちぎりトップです。しばらくあれ以上の感動はない。

あ、新しい音楽より聞き方の幅を広げたい。

ライブは疲れそうだけど、いい感じのクラブなら行きたい。うるさくなくて、パリピ感のない。。でもノれる、みたいな。DATSとかD.A.N寄りの。。。



喉と胸がくるしくて、呼吸しずらい。嫌だな。。わたしはわたしに何を訴えてるの?