読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由日記

深夜はポエマーに変身します

少女漫画セラピー

漫喫にきました。

河原せんせの漫画は登場人物みんないいやつで癒される。現実もこんなだったらいいのに。笑

空想の世界に浸ったりとか、音楽ファッションお笑いがなきゃまじやってらんなかった。


情緒的ネグレクトて言葉がひっかかる。

ネグレクトって言葉にインパクトありすぎていやまさかそんな私がまさか馬鹿なってかんじだけどやっぱそうなのかもしれない。

母は子育てというものは衣食住の提供と学校通わして就職させるものだと思ってるフシがある

そこに心の繋がりはなくて、褒められた記憶なんかない。。勉強できてるかどーかも興味ない。放任主義なのかな、と思ってたけどよく分かんないとこで怒るし、コントロールされてる気分。

フツーって何?と疑問だったし、うちの親ってやべぇのかな、だとしたら恥ずかしいなー嫌だな、とか思ってた

でも他人からみてやべえ人も当事者たちにとってみればやべえことが普通だからそれはもうやばくはなくてそれが当たり前なんだな、と。

自分がやばいかどーかなんて、自分じゃなかなか気付けないと思うよ、たとえストーカーでも。


普通かどうかで計るものじゃないのかも。


昔カウンセラーの方に母の感情の面倒をみてるといわれた。

わかるよーな、わからないよーな。

母は母でわたしはわたしなんだって毎日思うようにしてる。

家族のことを可哀想だとおもってる。

幸せにならないと決めてるきがする。

両親は演歌がすきだから、そーゆー人生を味わってるのかもしれない。

そう気付いたら、わたしが助けなくてもいいのかも?助けてるつもりもないんだけど。。

むしろイラつくけど。。

助けたい気持ちは、助けられない無力感になって罪悪感になって最終的に怒りに変わる。


また分析癖が😅


怒られるの怖すぎて就職こあいよ!

外出歩くの少し楽になったけど人間関係築くのはまた別の恐怖があるんだよね。

お腹痛いっす。